ヤーズの通販 処方箋なしでネット購入

ヤーズの副作用は多くがホルモンバランスの変化に伴う軽度な症状

副作用アイキャッチ

ヤーズの代表的な副作用は軽度な頭痛や吐き気!

ヤーズは副作用の少ない経口避妊薬としての効果もある低用量ピルとして知られていますが、飲み始めを中心として様々な症状があらわれる可能性があります。
副作用の代表的なものは、頭痛や吐き気です。これは、ピルに含まれている女性ホルモンが体内に入ることで、体の中のホルモンバランスが一時的にアンバランスな状態となって起こる症状だと考えられています。

しかし、ヤーズは従来の低用量ピルに比べて、副作用の発症頻度が低いのが特徴です。
どうして症状が出にくくなっているかというと、含まれている女性ホルモンの量を他のピルに比べて少なくしているからです。含有量が少なすぎると、生理に伴う不調を軽減させる効果を出すことができません。しかし、ヤーズは臨床試験を繰り返すことで、女性ホルモンの量を最低限に抑えつつ、生理に伴う不快症状の軽減効果を出すことに成功したのです。

そのため、ヤーズの服用後に何らかの身体の変化を感じたとしても、多くは症状も軽く、日常生活に支障をきたさない程度です。副作用の発症頻度が低いということは、他のピルに比べて症状が出る人の割合が少ないということです。他の低用量ピルを使ったら酷い頭痛などで使い続けることができなかった人でも、副作用が出にくいタイプのヤーズなら少ない症状で継続利用できる可能性があります。

また、症状が出にくいだけでなく発症頻度が低い低用量ピルのヤーズは、女性の体に負担をかけない優しさがあるのもメリットです。これまでのピルのデメリットである女性ホルモンのアンバランスを起こしにくい作りになっています。

ヤーズの頭痛などの他にもある副作用の症状

ヤーズは副作用が少ないとはいえ、女性ホルモンを含んだ薬の一種なので、服用後に体調の変化を感じることがあります。これは、生理にまつわる不快な症状を抑えるために、体の状態を変化させないといけないからです。

生理に関係する症状は、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンの量が増減する際に適正量に保たれていないと起こりやすくなります。つまり、生理に伴う苦痛の症状を改善させるためには、女性ホルモンを理想的な状態にキープする必要があるということになります。そのために、ピルには計算された量の女性ホルモンが錠剤の中に含まれていますが、問題は女性自身の身体の中からも女性ホルモンが分泌される仕組みになっていることです。

ピルによって外から女性ホルモンが追加されることで、ホルモンバランスが崩れ頭痛や吐き気の他にもむくみや不正出血が起こることがあります。
頻度としては、頭痛や吐き気に劣るものの、むくみやすくなったり不正出血があるのも代表的な副作用の1つです。しかし、頭痛や吐き気と同じく、症状が出るのは飲み始めの頃だけに限られているケースがほとんどです。それに、むくみや不正出血があったとしても、症状として軽微で気にならない程度だという人が多いのも特徴です。

飲み始めの初期は気になっても、徐々に苦痛を感じなくなり、気づいたら前と同じ健康な状態に戻っているでしょう。ただし、よくある症状だということを知らないと驚いてしまうので、事前に他にも副作用があるということは覚えておいてください。

ヤーズの副作用はいつまで続くのか?

治療するために服用してる薬でも副作用があると聞くと、永遠に嫌な症状と戦わなくてはいけないと不安になる人もいるかもしれません。しかし、ヤーズの場合には望まない症状が出るのは平均して2~3ヶ月だけというのがほとんどです。

なぜなら、ヤーズの服用を始めて外から女性ホルモンが入ってくる状態に体が慣れてくると、自身の体からは女性ホルモンを分泌しなくなるからです。ピルを飲まない状態だと、体の中にある女性ホルモンは全てが自身で分泌されたものです。

しかし、ヤーズを服用することで女性ホルモンがすでに体内にある状態になると、体がホルモンが足りているというサインを脳に送ります。サインが届いた脳は、女性ホルモンを分泌させるための指令をストップし、これ以上ホルモン量を増やさないようにします。ピルの飲み始めの時期は、外から入る女性ホルモン量と、体内の女性ホルモン量の調整が難しく、ホルモンバランスが崩れることが原因で副作用が起こりやすくなっている状態です。ですので、多くの人は飲み始めてすぐの時期に、体に何らかの症状を感じることになります。
これは、ピルの効果がしっかりと出ている証拠なので、軽度な症状だけであればそこまで心配する必要はありません。

ヤーズの服用を続けているうちに症状が軽くなることがほとんどで、2~3ヶ月程度経てば体がヤーズを服用している状態に慣れてきて、不快な副作用症状はほとんどなくなります。症状の出やすさや程度、継続期間には個人差があるとはいえ、ほとんどの人が2~3ヶ月という短期間のみに限って症状を感じます。

ヤーズの副作用で必ず目にする血栓症は危険なのか?

ヤーズに限らず、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンを配合しているEP配合剤と呼ばれるタイプのピルには、血栓症のリスクが付き物です。
EP配合剤は開発されてから様々な改善が加えられてきた薬で、初期の頃のピルでは血栓症という重大な副作用が起こる事例があったため、現在販売されているピルではできるだけ血栓ができないような工夫がされています。

ヤーズに関しては、含まれている女性ホルモンの量を極限まで減らしてあるのが、重篤な副作用が起きないように工夫改善されている点です。EP配合剤の一種であるため、絶対に血栓ができないというわけではありませんが、可能性としてはかなり低いと考えられています。

また、重篤な症状が出るかどうかは内服する人の健康状態にも左右されます。年齢が40歳以上、喫煙習慣があるなど、血栓ができやすい特性を持つ場合には、症状が起こるリスクが上昇するため、ピルの服用が禁じられています。

ピルを飲んで危険な症状が出るかどうかを判断するのは医師の役目です。ピルを飲む前には、重篤なデメリットがないかどうかを必ず確認するので、医師からピル服用の許可がおりた女性であれば、そこまで血栓症をそれほど心配する必要はありません。

リスクがゼロではないとはいえ、デメリットを上回るメリットがあるということなので、安心してヤーズを使うことができるでしょう。また、血栓が詰まった時には足や手がしびれるなどの症状があらわれるので、ピルを内服後に体に異変を感じた時には早めに病院を受診してください。

© 2019 ヤーズの通販